頭皮が赤いのを治す薬ってあるの?

頭皮が赤いのを治す薬ってあるの?本当にそれ薬で治る?

頭皮が赤く、湿疹と判断された場合はこんな薬が処方されます。

アンテベート

 

頭皮に湿疹ができた場合には是非専門の病院を受診しましょう。適切な薬を処方してくれます。多くの場合は、リンデロンやアンテベートなどが処方される事が多いです。
これらは、どちらもステロイド系の薬になります。特にリンデロンはステロイドの強さとして上からに番目の強さとなり、強めの薬と言えるでしょう。

 

 

ステロイドは薬の効き目が強く効果が出やすい事で人気がありますが、場合によっては副作用が出る事もありますので処方に関してはしっかり医師と相談して使用するようにしましょう。
湿疹でかゆみが酷い場合には、ヒスタミンという薬があわせて出る場合もあります。

 

 

なお、頭皮が赤くなってしまう原因は、普段の私生活の中に原因が隠れていたりします。

 

 

炎症が起こる理由は様々です。シャンプーや整髪料などの化学物質が肌に合わずに、アレルギーの様は反応を起こしてしまう事があります。

 

 

その場合は、すぐに原因だと思われる製品の使用を中止して、様子を見る事が大切です。

 

 

次に、考えられる原因は尋常性乾癬です。頭皮が刺激受けることによって次第に角質が厚く固くなり、そのときの症状として炎症が起こる場合です。
ヘアバンドや帽子などで刺激を受けやすい頭髪の生え際など発症する場合があります。

ただ赤い頭皮の原因が頭皮の血行不良の場合は薬で治らない

ドロドロの血液

 

頭皮は、青白い色をしている程健康であるといわれています。逆に赤みを帯びたり、赤茶色になっている程何らかの異常をきたしている可能性があります。

 

 

もともと、頭皮は血管が細く血行不良を起こしやすい場所でもあります。

 

 

ですので、白い色をしている方が健康であるといわれています。ただし、血行不良を起こしていると様々な不調を引き起こします。
薄毛やふけや等の原因にもなります。

 

 

ですので、多くの方が病院へ行って治療を行います。
治療の方法の1つとして、薬を貰う事があります。しかしながら、頭皮の血行不良を治すのは薬だけでは治りにくいのです。

 

 

というのも、頭皮の血行不良を引き起こす原因として、頭皮の皮膚が硬くなる事が上げられます。

 

 

硬くなった皮膚を柔らかくする事は薬だけではたいへん難しく、ほとんど不可能です。固くなった皮膚を柔らかくする為にはマッサージをする事が大切です。

 

 

しっかりと解してあげることで、頭皮が柔らかくなり血流の流れを改善する事が得きる可能性があります。また、頭皮を直接マッサージするだけではなく、頭皮も顔と繋がった皮膚の一部として考えて、顔のマッサージをしっかりと行う事で自然と血流を促す事が出来るのでおすすめです。

頭皮の血行不良の場合マッサージや育毛剤がおすすめ

頭皮のマッサージの仕方として、注意が必要なのは血行を良く使用として力を入れ過ぎてマッサージをしない事が大切です。

 

 

ブラシなどを使って、頭皮にブラシを叩き付けるように刺激を与えたり痛い程のマッサージをしてしまう事は逆効果になりますので、注意が必要です。

 

 

最も簡単な方法は、指の腹でゆっくりと頭皮をマッサージする事です。注意点としては、爪で頭皮を痛めないように、しっかりと爪切りをしておく事です。
頭皮を爪で傷つけてしまうと、それが原因でかえって炎症を起こしてしまう可能性があります。

 

 

また、頭皮以外にも耳周りのマッサージもたいへん効果的です。耳の周りには太い血管が流れています。その辺りを刺激して、揉み解す事で自然と頭皮周辺の血管へも血液が自然に流れるようになります。

 

 

耳を包み込むように左耳を左手、右耳を右手で包み込んでゆっくりと回します。それだけでも、顔がぽかぽかしてくるような暖かさがあります。

 

 

次に有効的な方法として、育毛剤を活用する方法です。

 

 

育毛剤の多くは、頭皮に直接使用するものが多く効果が出やすいです。頭皮の血行を良くすることで、薄毛治療を行うものです。ミノキシジルやM-034のような、強い血行促進成分が入ったいるタイプがよいです。

 

 

>>育毛剤で赤い頭皮を治した体験談はこちら