M字の頭皮が赤いのはハゲ

M字の頭皮が赤いのはハゲる前兆だったのかも。

M字の頭皮が赤いのは血行不良。生え際は血行不良になりやすい

若いころから頭皮が赤いのが悩みでしたが、特に抜け毛は多くありませんでした。

 

 

頭皮が赤いと気づいたのは、友達と比較をしたときです。赤いと指摘されたことをきっかけに、なぜ赤いのか考えるようになりました。自分なりにネットサイトで調べたところ、炎症が起きている可能性が高いことがわかりました。確かにヒリヒリすることが多いですし、かゆみを感じることもありました。

 

 

頭皮が敏感になっているのは間違いないと感じましたが、何をすればいいのかわかりません。

 

 

そのころは特に髪は薄くないので放置していましたが、20代後半くらいから抜け毛が目立つようになってきました。このままではいけないと思って育毛サロンの無料カウンセリングを受けると、頭皮が荒れていると言われました。サロンでは育毛専用の低刺激シャンプーを勧めてきましたが、ちょっと考えてみたいと言って契約はしませんでした。

 

その後、自分なりの対策として市販の育毛シャンプーを使用すると、少し炎症が解消しました。しかし、抜け毛が減少するほどの改善は期待できず、クリニックで検査を受けることになったのです。クリニックでは内服のミノタブを処方してくれたので、しばらく飲んでみることにしました。

内服のミノタブより外用の育毛剤のほうが、M字に効く

内服のミノタブは飲む発毛剤であり、ミノキシジルの外用薬より効果的とのことです。

 

 

ただ、相性の善し悪しは出やすいとのことで、自分はあまり実感できませんでした。

 

 

確かに頭皮の血行が促進されているのはわかりますし、頭頂部も濃くなったように感じます。
髪質が硬くなった感じがありますが、M字に関してはほとんど変化がありませんでした。

 

ネットの体験談によれば、頭頂部の薄毛には内服のミノタブが効果的ですが、M字にはあまり効かないという話も見られます。

 

 

効果のある部位・あまりない部位が分かれる薬らしく、自分にはあまり合わないと思いました。
その後、クリニックに通うのをやめて外用の育毛剤を試すことにしたのです。

 

 

ドラッグストアに行くと様々な育毛剤が販売されていましたが、購入するのが恥ずかしくて結局はネット通販で購入することにしました。

 

使用した育毛剤にはM-034という成分が含まれており、ミノキシジルと同じような作用があるそうです。

 

 

その上、副作用がないので敏感肌の自分でも使用することができました。

 

 

もともと頭皮が荒れやすいタイプだったらしく、それが原因で赤くなっていたのでしょう。M-034配合の育毛剤は刺激がほとんどなく、頭皮にスーっと浸透していくのがわかりました。2週間も使用するころには頭皮のヒリヒリはなくなり、抜け毛も減少していったのです。これはM字ハゲにも効果があると思い、しばらく使い続けることにしました。

こんな育毛剤が効果が期待できる

医薬品タイプの発毛剤は、副作用が発生する可能性があると言います。

 

 

M-034配合の育毛剤は刺激をほとんど感じませんし、頭皮が正常になっていくのがわかりました。

 

 

1ヶ月くらい使用するころには、頭皮の赤みがすっかりと解消していたのです。敏感肌から正常肌に変化し、そのころから抜け毛も大幅に減少していました。

 

抜け毛が減少すると髪が増えてくるのがわかり、少しずつM字が狭くなってきたように感じました。

 

 

急激に髪が増えるわけではありませんが、産毛が少しずつ太くなっていく感じです。
そうして少しずつM字の範囲が狭くなってきて、以前の状態に戻っていきました。

 

 

髪が増えてくると嬉しくなって、もっと効果を出したいと思うようになります。それからは生活習慣の見直しも徹底しましたし、シャンプーの使用法も再度勉強しました。

 

育毛剤はそのまま使用しても効果がありましたが、使用後にマッサージをすると効果が倍増します。当初はマッサージをすると摩擦によって髪が抜けてしまうと考えていたのですが、実際はまったくの逆だったのです。

 

 

髪が元気になってコシを持つようになりましたし、生え際の髪が長く伸びるようになりました。抜け毛チェックをするときは、抜け毛が全体的に長くなってきたのがわかりました。ヘアサイクルが正常になったことで、長く成長できるようになったのでしょう。